AGAになっても諦めない!

薄毛や抜け毛が遺伝だからと諦めてしまうのは昔の話です。AGAは進行性ですので放置すると最終的に髪の毛がなくなってしまいます。早めにAGAを理解し治療する行動をするのが薄毛や抜け毛の悩みから解消される第一歩です。

AGA治療薬とは?

AGAに効果がある治療薬は、飲み薬であるプロペシアと、頭皮につけるミノキシジルという二つが挙げられます。
しかし、即効性はどちらもあるという訳ではないため、じっくりと時間をかけて使い続けることによって効果が出てきます。
プロペシアは、代表的なAGA治療薬の一つであり、錠剤を服用することで治療していきます。
プロペシアの主成分のフィナステリドは、かつてはAGAを治療するために合成された訳ではなく、前立腺肥大の症状を治療する薬として合成されていました。
後に抜け毛を抑える効果があることが発見されて、一九九七年にアメリカの医薬品を取り扱うFDAに認可され、現在ではAGAを治療するためには欠かすことができない医薬品の一つとして活用されています。
もう一つのAGA治療薬であるミノキシジルは、毛母細胞という髪の毛をつくる組織に直に働きかけ、組織の働きを活性化することによってAGAを治療してくれます。
ミノキシジルも、かつてはAGAを治療するために合成された訳ではなく、血管を広げる効果があるので高血圧の治療薬として使われていたのですが服用していた方たちから髪の毛が生えてきたという意見が出てきて発毛する効果も注目されるようになりました。
現在は薄毛を治療する薬として正式に認められている治療薬の一つとなっています。
毛乳頭細胞は毛母細胞をサポートし、髪の毛のボリュームやバランスをチェックして髪の毛を生やす機会をうかがっています。
ところが、血流が滞ると毛乳頭細胞が働かなくなり、髪の毛に必要になる血液や栄養を届けることができなくなってしまいます。
ミノキシジルは、この状況を改善するのに一番適している治療薬となっています。