AGAになっても諦めない!

薄毛や抜け毛が遺伝だからと諦めてしまうのは昔の話です。AGAは進行性ですので放置すると最終的に髪の毛がなくなってしまいます。早めにAGAを理解し治療する行動をするのが薄毛や抜け毛の悩みから解消される第一歩です。

AGA治療の費用は必要な増毛の本数によって異なる

基本的に、AGA治療によって増毛を行おうと考えている時にはその費用を具体的に計算しなくてはいけません。増毛手術をするときには一般的に適用される保険の適用がありませんので、それを抜いて計算することが基本です。では、AGAを治療するために必要な治療費用は具体的にどのくらい必要になるのでしょうか。AGAの治療の増毛は、自毛を触媒として手術をすることを前提にしていますので、採取しなくてはならない本数によって費用を計算します。自毛植毛の時には、髪の毛を一本ずつ計算していくのではなく、複数の髪の毛を一本にまとめた束を株と称して計算していきます。クリニックには、それぞれのクリニックで計算された株単価というものが存在しますので、移植するドナーとこの株単価を合わせて計算することによって、クリニックに行かなくても大体の費用の計算を行うことが可能です。だいたい、自毛植毛を行う際には一度の手術で1500程度の株が最低でも必要であると考えられています。もちろん、薄毛の面積 によって必要になる株の本数は異なってきますが、あまり多くの株を用意すると一度の手術ですべての手術を終えることができなくなってしまいますので、その場合には何回かに分けて手術を行わなくてはいけません。また、手術をするときにはそれぞれの患者に合わせてドナーの採取方法も違うものが準備されているということを知っておく必要があります。薄毛になっている患者の中には、頭皮の状態が全く異なった状況になっている人が少なくありません。頭皮からドナーを採取する方法を特定の方法に限定すると頭皮に対して大きなダメージを与えてしまうこともあります。そのようなことにならないようにするためにも、ドナーの採取方法にも気を使っており、その利用方法によっても費用は変わってくることを知っておきましょう。