AGAになっても諦めない!

薄毛や抜け毛が遺伝だからと諦めてしまうのは昔の話です。AGAは進行性ですので放置すると最終的に髪の毛がなくなってしまいます。早めにAGAを理解し治療する行動をするのが薄毛や抜け毛の悩みから解消される第一歩です。

AGA治療による副作用とは?

AGA(男性型脱毛症)とは、思春期以降に発症しやすい男性特有の薄毛や抜け毛の症状で、要因としては先天的な「遺伝」によるものと、ストレスや生活習慣などが原因とされる後天的な原因によるものに分けられます。いずれの場合も、AGA(男性型脱毛症)は、自然に治癒したり、放っておけば抜け毛がどんどん進行していき、自然に治癒することはありません。AGA(男性型脱毛症)を治す場合には、薄毛専門のクリニックや皮膚科(病院)などで、AGA専門の治療薬を服用することが効果的とされています。これまでの臨床試験のデータでは、1年間継続して治療薬を服用した場合には、約58%前後の方が効果を実感しており、その後引き続き2年間投与で68%、3年間投与で78%と継続して服用していくにつれ、持続性とともに改善効果が上昇していくという結果が認められています。治療費も比較的安く、1か月で約6,000~7,000円と継続しやすい治療費となっています。AGA治療薬による副作用には個人差がありますが、おもに性欲の減退や勃起機能の低下などが多く見られます。日常生活を送る上でとくに問題となる副作用ではありませんが、夫婦で子供を作ろうとしている場合には、影響が出やすくなる場合がありますので、ご夫婦で話し合いをしたうえで治療を受けるべきでしょう。また、勃起不全については、男性にとってメンタルな部分が大きな問題となります。「薬を服用しているのだから」と深刻には考えず割り切ってしまうことや、たとえ副作用で性欲が減退したとしても、あえて性行為を避けないように生活を送ることが大切です。パートナーがいる場合には、必ず理解をしてもらえるように、しっかりと話し合いをしたうえで治療に臨むことが大切になってきます。