AGAになっても諦めない!

薄毛や抜け毛が遺伝だからと諦めてしまうのは昔の話です。AGAは進行性ですので放置すると最終的に髪の毛がなくなってしまいます。早めにAGAを理解し治療する行動をするのが薄毛や抜け毛の悩みから解消される第一歩です。

AGAに効果があるナツシロギクとネロリドール

ビワ葉エキスは、ビワの葉っぱから取り出した成分で、今ではシャンプーや育毛剤などに使われています。
糖質をエネルギーに変えるビタミンB1や、PMSや更年期障害に効果があるネロリドールなどといった成分が含まれていて、腸に良い効果があったり、関節炎などの症状を和らげたりする効果があります。
ビワ葉エキスは、血行を改善する効果があるため、昔からお灸や湿布として使われてきました。
近頃、AGAにも効果があることで注目を集めているのがビワ葉エキスです。
AGAに対する効果として、まず血行を改善して、頭皮に栄養を届くようにすることが挙げられます。
髪の毛が薄い方の場合は、頭皮にある血管の血液の流れが悪いため、毛根に栄養が届きにくい状態になっています。
血行を改善する効果はAGA対策に欠かせないものになります。
そして、ビワ葉エキスは、AGAの原因となるジヒドロテストステロンという男性ホルモンの働きを抑えてくれる効果があります。
ナツシロギクとは、北米やヨーロッパなどに生えているハーブの一つで、日本ではナツシロギクといいます。
昔から熱が出たり、頭痛の症状に効果があり、民間療法として使われてきました。
ナツシロギクが持っているパルテノライドは、ガン細胞が転移するのを抑制するため、医療現場でとても注目を集めている成分になります。
そして、パルテノライドという成分は、AGAにも効果があることが判明し、サプリメントに使われることが増えています。
ナツシロギクに含まれているパルテノライドは、髪の毛の毛根にある毛母細胞を活性化する効果があるといわれています。
毛母細胞は髪の毛を育てるのに必要な組織なため、毛母細胞の働きが弱まると髪の毛が薄くなってしまいます。