AGAになっても諦めない!

薄毛や抜け毛が遺伝だからと諦めてしまうのは昔の話です。AGAは進行性ですので放置すると最終的に髪の毛がなくなってしまいます。早めにAGAを理解し治療する行動をするのが薄毛や抜け毛の悩みから解消される第一歩です。

AGAになる主な原因とは?

AGAは、男性ホルモンの一種であるテストステロンの影響により起きます。テストステロンが、5αリダクターゼという酵素によりジヒドロテストステロンという物質に変わると、髪の毛に影響がでてきます。ジヒドロテストステロンが毛母細胞に侵入すると細胞分裂を止めてしまいます。そうなると髪が成長できなくなり、新しい髪が生えても産毛程度にしか育たなくなります。最終的には産毛すら生えなくなり、症状の出やすい額や頭頂部といったところからハゲてしまいます。
AGAには遺伝も関係しています。直接原因となる遺伝子は見つかっていませんが、遺伝的な影響は確認されています。AGAの原因となる遺伝子はまだ見つかっていないものの、遺伝傾向は認められています。
過剰なヘアケアも抜け毛を増やします。一日に何度も髪を洗ったり、パーマをかけたり、ドライヤーを使い過ぎてしまったりなど、髪や地肌にダメージを与える過剰なヘアケアも原因になります。
原因には、生活習慣も関係しています。生活習慣が乱れていると抜け毛の原因になるからです。睡眠不足や運動不足、偏食、脂っぽいものの取り過ぎ、アルコールの取り過ぎ、喫煙などもよくありません。髪を作るためにはたくさんの栄養が必要です。その栄養は血液にのって運ばれます。そのため、血液の状態が悪くなったり、血行が悪くなるようなことは、抜け毛を招き、AGAの原因になります。ストレスをためてしまうなどのことも、毛細血管の収縮など血行を悪くさせるのでよくありません。毛根までスムーズに栄養を届けるには、頭皮がこわばっている状態もよくありません。頭皮への血液循環を悪くする首コリや肩コリなどもAGAを招く原因になります。