AGAになっても諦めない!

薄毛や抜け毛が遺伝だからと諦めてしまうのは昔の話です。AGAは進行性ですので放置すると最終的に髪の毛がなくなってしまいます。早めにAGAを理解し治療する行動をするのが薄毛や抜け毛の悩みから解消される第一歩です。

レジーナの脱毛とAGAの医薬品について

レジーナは北海道の札幌市に数店の店舗を持つエステティックサロンです。
このお店では脱毛を初め、フェイシャルやボディなどの美容施術を行っており、インターネットの口コミサイトなどでも人気が高いエステティックサロンになります。

レジーナの脱毛はS・S・Cと呼ばれる脱毛の方法で施術を行う事になります。
これは特殊な光を肌に照射することで発毛組織の機能を低下させてムダ毛が生え難くする方法で、脱毛サロンの多くが光を利用した脱毛を採用しています。

尚、光を利用した脱毛は発毛組織の機能を低下させる方法となるため、完全に組織が破壊されるわけではありません。
そのため、脱毛の施術を受けても再び毛が生えて来ることもあると言った特徴が在ります。

AGAの脱毛症の場合は発毛組織自体が生きている段階であれば発毛の期待が多くなります。
AGAには薄毛の状態をイラストにして、段階を示しているハミルトンノーウッド分類別症例と言うものが在り、薄毛の進行度合いの目安として活用されています。

また、薄毛の進行度合いが悪い場合でも、発毛組織が生きている事でプロペシアと言う医薬品を使用することで発毛の期待が出て来ます。

脱毛を行う場合、毛周期を加味して施術を繰り返すことで、ムダ毛のない状態になりますが、AGAの場合は毛周期が狂う事で脱毛が生じてしまい、薄毛の症状を起こすと言った類似したものが在ります。

毛周期を乱しているのは男性ホルモンが変化した強制脱毛ホルモンであり、これを抑制するために使用するのがプロペシアと言う医薬品です。

強制脱毛ホルモンに変換されなくなることで、毛周期は正しくなり髪の毛が生えて来ることで太く長く成長させる作用を持ちます。